審美歯科

審美歯科

オールセラミッククラウン

従来型のセラミッククラウン(メタルボンドクラウン)は、金属にセラミックを焼き付けるものでした。この方法では、金属により光が遮断され透明感が出にくく、歯肉との境界が黒ずんで見えてしまいます。

オールセラミッククラウンは、金属を一切使用しないため、天然歯同様の色調、透明感を再現し、より自然な仕上がりとなります。オールセラミックの色合いや質感は、天然歯と見分けがつかないほどナチュラルです。強度も十分で、金属アレルギーや歯肉の黒ずみの心配もありません。

かねこ歯科インプラントクリニックのオールセラミック治療

かねこ歯科インプラントクリニックでは、各種オールセラミックのなかでもっとも強度、適合性、審美性に優れたノーベルバイオケア社の「プロセラ オールセラミッククラウン」を使用しております。このプロセラ オールセラミッククラウンは歯型の情報をスキャニングし、その形態を電子データとして捉えるプロセラシステムにより作られたクラウンです。プロセラ オールセラミッククラウンは審美歯科治療に最適で、パーフェクトなクラウンです。

【流れ】

1.事前確認 2.元の天然歯の形成 3.新しいクラウンの装着 4.美しい仕上がり

歯科医師が現在使用しているクラウンの型を取ります。

事前確認

クラウンを入れるため、そのスペースを確保する必要があります。歯の周りの歯ぐきに糸を入れて少し下げます。歯を適切に削り、高価な材料で型採りを行います。

元の天然歯の形成

最初の診療から約1週間後、クラウンを装着します。通常、このクラウンは長期間使うことができます。

新しいクラウンの装着

新しい歯は他の歯と完璧に調和し、人工歯であることがわかりません

美しい仕上がり

【審美歯科症例紹介】

症例1(前歯オールセラミッククラウン、ブリッジ)

症例1(前歯オールセラミッククラウン、ブリッジ)

症例2(臼歯オールセラミッククラウン)

症例1(前歯オールセラミッククラウン、ブリッジ)

症例3 (前歯オールセラミッククラウン)

  • 術前

    術前

  • arrow
  • 術後

    術後

症例4 (前歯オールセラミッククラウン)

  • 術前

    術前

  • arrow
  • 術後

    術後

症例5 (前歯オールセラミックブリッジ)

  • 術前

    術前

  • arrow
  • 術後

    術後

  • 術前

    術前

  • arrow
  • 術後

    術後

前医では矯正治療をすすめられたが、結婚式まで時間がなかった。

早く治療してくれる医院を探して、かねこ歯科インプラントクリニックを受診となった。

並びの悪い歯を抜歯して、オールセラミックブリッジを装着した。治療後4年経過するが問題はない。

症例6 (前歯オールセラミックブリッジ)

  • 術前

    術前

  • arrow
  • 術後

    術後

  • 術前

    術前

  • arrow
  • 術後

    術後

出っぱって悪くなった歯を抜いて、オールセラミックブリッジを装着した。

症例7 (埋伏抜歯と前歯の治療)

  • step 1
  • arrow
  • step 2
  • arrow
  • step 3
  • arrow
  • step 4

真ん中に生えていた歯と埋状していた歯の2本を抜歯、仮歯で前歯の形に整えた。

審美充填

むし歯などの治療後に詰めた銀色の詰め物(インレー)を白い詰め物に替えることができます。

e-maxインレー

e-maxの主成分である二ケイ酸リチウムは、曲げ強度360~400MPa を有するセラミックス材料です。e-maxは、セラミックインレーやハイブリッド素材のインレーに比べ破折しにくいといえます。また、歯と同じように摩耗していきますので、噛み合わせている自分の歯を痛めません。現状では、もっとも詰め物に適した材料だと思われます。

通法に従って型採りを行い、次回のアポイントのときにe-maxインレーを接着します。2回の通院で終了します。

  • 術前
  • arrow
  • 術後
超審美性マイクロハイブリッドレジンによる修復

最新の修復材「超審美性マイクロハイブリッドレジン」なら、天然歯と同様の色調で修復できます(保険適応外)。白く美しく、耐久性のある詰め物で、歯とほぼ同じ硬さで噛み合わせが自然です。前歯だけでなく奥歯も治療可能です。治療時間は数分~30分程度です。

  • 術前
  • arrow
  • 術後

かねこ歯科インプラントクリニックへのご予約・お問い合わせはこちら