顎関節症

顎関節症

顎関節症とは、顎の関節や筋肉の痛み、顎関節の雑音、開口障害、または顎の運動異常を主な症候とする疾患のことです。口を開け閉めするときに、関節に雑音がする、顎関節や筋肉が痛い、顎がうまく動かせないなどの症状が起こります。

治療法として、開口練習、スプリントというマウスピースを用いた治療、関節内の穿針洗浄などがあります。

顎関節症
顎関節症のタイプ

顎関節症のタイプは主に5つに分類されます。
複数の方を併う方も多いようです。

顎関節症のタイプ

I型
筋肉の緊張によるもの
II型
外傷性のもの
III型
あごの関節の位置の異常
IV型
あごの関節の変形によるもの
V型
心因性のもの

顎関節症の原因は噛み合わせの異常だけでなく、
複数の要因により生じると考えられています。

関節円板の前方転移

関節円板の前方転移により、顎の開閉口時にクリッキング音が発生します。
症状が軽い場合は、顎の体操を指導すると痛みがなくなり、開閉口時の音もしなくなります。
経過を見て、歯型をとり、患者さん専用のスプリントを装着することもあります。

関節円板の前方転移

顎関節が正常な人

関節円板の前方転移

顎関節症の患者さん(Ⅲ型)