入れ歯

アタッチメント義歯

アタッチメント義歯

アタッチメントの入れ歯

雄雌の差し込み式になっている維持装置のことをアタッチメントとよびます。

下あごの総入れ歯が外れやすいあなたには、アタッチメントの入れ歯があっているかもしれません。

総入れ歯にアタッチメントを組み込むと、装置はめだちにくく、入れ歯は外れにくい構造になるからです。

アタッチメントには、(1)磁石、(2)ボール、(3)ロケーターがあります。

(1)磁石(マグネット)アタッチメント

磁石の長所は、天然の歯とインプラントのどちらにも取付けることができることです。

しかし、磁石の維持力は、ボールやロケーターに比べると弱いのが欠点です。

症例1 (磁石アタッチメントの入れ歯)
口腔内写真

口腔内写真

右下は天然歯に、左下はインプラントにマグネットキーパーを取り付けた

右下は天然歯に、左下はインプラントにマグネットキーパーを取り付けた

磁石式入れ歯

磁石式入れ歯

正面写真

正面写真

症例2 (磁石アタッチメントの入れ歯)
口腔内写真

口腔内写真

X 線写真

X 線写真

磁石式義歯

磁石式義歯

正面写真

正面写真

(2)ボールアタッチメント

(2)ボールアタッチメント

インプラント用には、ボールアタッチメントも開発されています。

ストローマン社のボールアタッチメントは、アンカーアバットメントという名称で、精密な構造です

他社と違ってゴム輪を使わず、雌構造のエリプティカル・マトリックスとシステマティックに連結し、良好な維持力を発揮します。

症例1 (ボールアタッチメント)
口腔内写真

口腔内写真

X 線写真

X 線写真

磁石式義歯

磁石式義歯

正面写真

正面写真

症例2 (天然歯はマグネット、インプラントはボールアタッチメント)
正面写真

正面写真

正面写真

正面写真

口腔内写真

口腔内写真

X線写真

X線写真

(3)ロケーターアタッチメント

2011年の年末に発売されたのが、インプラント用のロケーターアタッチメントです。ロケーター・アタッチメントに樹脂の維持ディスクをはめこむだけのシンプルな構造ですが、維持力は良好で、インプラントメーカー各社から発売されはじめました。

今後、国内で主流だった磁石のアタッチメントは、ロケーターにとって替わるでしょう。磁石は、天然歯のみに使われるようになると考えます。

【補足説明】

通常、総入れ歯のアタッチメントは、下あごの総入れ歯に使います。

上あごの総入れ歯には使いません。

上あごの骨は、下あごにくらべて軟らかいといえます。

アタッチメントは、インプラント1本ずつに取り付けます。大きな床をもつ上あごの総義歯でゆすると、アタッチメントをとりつけたイン

プラントが脱落してしまうので、上あごにはアタッチメント義歯を行いません。

上あごでは、インプラントを6本以上埋め込み、インプラント同士を連結、大きな床をもたないブリッジにするのが成功率をあげる治療法です。


フレキシブル義歯

維持装置を、軟らかい樹脂で入れ歯と一体化してつくる入れ歯をフレキシブル義歯とよびます。

フレキシブル義歯は、見かけが入れ歯だということが気づかれにくく、軟らかいためお口の粘膜に吸着しやすいといえます。人気の入れ歯です。

症例1 (保険の入れ歯をフレキシブル義歯に変更)

  • Before(保険の入れ歯)

    Before(保険の入れ歯)

  • arrow
  • After(フレキシブル義歯)

    After(フレキシブル義歯)

【保険の入れ歯】

バネがあるため、入れ歯だと気付かれてしまう。

バネがかかっている歯に負担がかかる。

あまりよく噛めない。

【フレキシブル義歯】

バネがないので入れ歯だと気付かれにくい。

素材が柔らかいので痛くない。

よく噛める。

症例2 (保険の入れ歯をフレキシブル義歯に変更)

  • Before(口腔内写真)

    Before(口腔内写真)

  • arrow
  • After(口腔内写真)

    After(口腔内写真)

  • After(正面)

    After(正面)

【保険の義歯】

バネがあるため、入れ歯だと気付かれてしまう。

バネがかかっている歯に負担がかかる。

あまりよく噛めない。

【フレキシブル義歯】

バネがないので入れ歯だと気付かれにくい。

素材が柔らかいので痛くない。

よく噛める。

かねこ歯科インプラントクリニックへのご予約・お問い合わせはこちら